2005年03月09日

ブラックジャックを見て思う命のお値段

手塚治虫原作のブラックジャックが少し前から放送されてますよね。
もともと結構好きで単行本をほとんど小さいころに読んでたんで、テレビで見ると懐かしいです。

医師免許を持たないモグリ医者の天才外科医ブラックジャックが、不治の病の患者を助けるわけなんですが、その時に何千万という高額の治療費を要求するわけです。

手塚治虫がどうしてこのような設定にしたのかよく知りませんが、命はお金に変えられないということを逆説的に言っているのかな、とも思います。
実際、ブラックジャックは無免許ですが、手術の腕前はものすごくいいので、高額を払って治療してもらう患者が確実に存在しています。
実際の世界ではこのような設定は考えにくいですが、確かに治療が難しい患者さんにとっては命が助かるならモグリでも何でも関係ないですもんね。
話はそれますが、民間療法が盛んな原因もこの変にあるような気がします。

日本の医療では直接、医師から患者に対して値段を提示するということは無いでしょうが、いろいろと考えさせられる漫画ですね。

また単行本読みたくなりましたるんるん


一気に暖かくなって花粉の飛散が増えてるみたいですね。
僕も少し鼻がムズムズしますふらふら

ではまた


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

WRC第3戦 ラリーメキシコ

F1のオーストラリアGPが終わったところですが、メキシコではまもなくWRC第3戦が開催されます。
日本ではF1の方が圧倒的に人気がありますが、欧州ではWRCはF1に勝るとも劣らず人気があるようです。

公道を使用してのレースで世界各地を転戦します。
昨年からは日本(北海道)でも開催されるようになりました。

日本からは現在、スバルと三菱が参加しています。
ベースとなるインプレッサWRXランサーエボリューションは、WRCに参加していることもあり車好きには人気がありますし、双方が意識しあって開発が進んでいるようです。

地上波ではあんまり放送しませんが、見れるようになったらもう少し人気出るかもしれないですね。
今週末が楽しみです。わーい(嬉しい顔)


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

ホームページ(スタートページ)

こんばんわ
今日はずいぶん暖かかったです。
まだまだ寒い日も多いですが、三寒四温という感じですね。(←ちょっと表現が古臭いですか〜??)

皆さんは、パソコンでIEなどのブラウザを立ちあげたときのホームページ(スタートページ)をどのサイトにしていますか?

僕はずっとYAHOO!にしていたんですが。ライブドア騒動があってライブドアに行ってみると、ニュースの更新がとても早いんで最近はライブドアにしています。
MSNは休みの日になると、更新がとたんに遅くなるような気がします。
他は・・・よく知りません。

ただライブドアは例の騒動に関するニュースが必ず入っているところが、ちょっとだけ?かもしれませんが・・・^^;

ではまたわーい(嬉しい顔)


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

電子カルテ そのB

電子カルテ その@
電子カルテ そのA
と書いてきました。

今日は患者さんにとっての電子カルテのメリット・デメリットについて考えてみます。

まずメリットですが、まずカルテを端末画面で見ることができれば、内容が紙カルテより解りやすいということがあるでしょう。
もともと、紙カルテは何を書いているのか本人しかわかりにくいことが多かったのですが、電子化により日本語で書かれていれば、ある程度は患者さんにも内容が解るようになります。
また、そのことを医師の側も意識することによって、カルテ記入をわかりやすくすることも考えられます。(このことは場合によっては全く逆の対応になるかもしれませんが)

また、電子カルテを導入する医療機関が増えて、LANを介して情報を共有できるようになれば、別の医療機関に受診した場合でも患者の状態が用意に把握でき、無駄な検査などを省略できるようになるでしょう。

それから、電子カルテは基本的に改ざんができないようになっており、カルテの内容を訂正した場合でも、元の記録内容がHDに保存されるようになっているので、改ざん防止に役立ちこれも患者さんにとってはメリットとなるでしょう。


一方、患者さんにとってのデメリットはどうでしょうか?

医師が電子カルテに慣れてくれば診療もスムーズに行くと思われるので、そうなると診察の待ち時間が長くなるなどのデメリットは解消されてくるでしょう。

ただ、病院のデメリットでも書きましたが、停電やシステムそのものの障害が起きれば診療がストップするので、患者さんにとっても大きなデメリットとなります。
特に災害時などは大問題となるでしょう。

やはり一番気になるのは、情報の漏洩でしょうか?
もちろん、電子カルテはデータの流出に対しての対策は取ってありますが、過去のいろいろな事件をみても、データの流出は少なからず起きています。
規模が大きくなればなるほど、その危険性は大きくなるものと思われます。
医療に関する個人情報は、立場によっては非常に意味のあるものです。


この3回でいろいろ考えてきましたが、まだ電子カルテを導入している医療機関はほんのわずかです。

今後、急速に普及していくのは間違いないですが、システムそのものの洗練が進み、医療機関・医師・患者それぞれに貢献するものになるのを期待して、この記事を終わります。


長々とお付き合いありがとうございました。m(__)m


電子カルテについては診療情報管理士 in Okinawa!!さんや電子カルテ「運用」のためのブログさんのページでも紹介されています。


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 19:08| Comment(4) | TrackBack(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ移転も大変ですね

いろいろデザインも触りたくなってきたので、早くも移転してしまいました。
でも、データ移したり(まだ少なくて良かったんですが・・・)とか設定変えたりとかやっぱり大変ですねふらふら

まあぼちぼちやる事にします。
てぃだブログさんみたいに素敵なブログにしたいです。

ではではわーい(嬉しい顔)
posted by mario at 12:03| Comment(5) | TrackBack(0) | カテゴリ未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移転しました

drecomさんより移転しました。

今後ともよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
posted by mario at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

AUのデザイン携帯

こんばんわわーい(嬉しい顔)
今日は電子カルテはちょっとお休みして携帯の話題を。

僕の携帯遍歴はドコモ→AUです。
一番始めはドコモだったんですが、当時まだ通話音声の品質が悪かったころで、AUがCDMA1を採用して通話品質が良くなったので、その時に乗り換えました。
今は、音声の品質を気にすることはどの携帯会社でもないんだと思いますが。

その後は、電話番号を変えるのも面倒くさいのでずっとAUのままです。

ドコモの端末のことはあまりよく知りませんが、AUはデザイン携帯と銘打ってユニークなデザインの携帯端末(infobar,W11K,talby,penck)をいくつか出しています。
写真でみてもなかなかいいデザインだなと思います。
でも、かなりユニークなんで実際自分が使うとなるとちょっと考えてしまいますね
もし、2台持つようなことがあれば(実際はありませんが・・)1台はこういう個性的な物にするのもいいかなと思います。

携帯のデザインはかなり制約があるようで、機能面でも進化が著しいので、どうしても多機能にすると大きくなってしまいますし、形の面でも制約が多くなってしまうとのこと。
AUのデザイン携帯を実現化するのには多大な苦労があったようです。

でも今後も頑張ってほしいです{笑い}

デザイン携帯についてはGo! Go! Niagaraさん† ELEMENTS †さんも書かれています。

ではでは


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

電子カルテ そのA

こんばんわ
3月になったのに相変わらず寒いですね雪

昨日の続きです。

電子カルテのメリット・デメリットを考えてみましょう。

まず、病院にとってのメリットですが、第一には人件費(主に医療事務)の削減でしょう。
カルテが電子化されることにより、まず紙カルテの出し入れや移動が必要なくなります。
そして、検査などのオーダーが電子化されることにより、会計処理が自動化されます。
今までは、事務が手入力でオーダーをしていたのが、医師が診察を終了した瞬間に処理されます。これらにより、事務員を減らしたり、あるいは派遣などの事務に切り替えることにより人件費の削減が可能となります。
また、電子カルテを導入することにより、先進的なイメージを患者に与えることもメリットと考えられます。
それから、全てのデータがハードディスクに一元的に保存されているために、統計処理が容易となり、患者動向などが掴みやすくなり、経営に生かすことが容易になります。

病院にとってのデメリットはあまりないかもしれません。もちろん導入にあたっての混乱はありますので、そのことはデメリットになるかもしれませんが。
あと、突然の停電やシステムトラブルは起きることがありうるので、もし起こってしまえば診療がストップするので、それもデメリットとしてあげられそうです。


医師にとってのメリットは、優秀なソフトであれば、効率的に仕事が進むのでメリットとなるでしょう。
ただし、ソフトやシステム速度が劣っていれば、一人あたりの診療にかかる時間が増加するのでデメリットとなってしまいます。
それから、これは患者さんにとってのメリットにもなりますが、自筆ではないので誰でも読めるということはメリットでしょう。他の医師の書いたカルテでも読めないということがなくなります。
また、端末さえあればどこでもカルテが開けるので、わざわざカルテを探したり出してもらったりするのを待つ必要がなくなります。

デメリットはシステムに慣れるのに時間がかかるということ。また、病院が変わればシステムが変わる可能性が高いので、例えばバイト先が違うシステムだと大変でしょう。
また、タイピングのスピードは個人差があるので、パソコンの苦手な医師は診療速度が遅くなります。
医師に関していえば、システムの操作性(使いやすさや速度の速さ)が良いかどうかに尽きると思います。操作性が悪ければ紙カルテより使いにくいということもあるかもしれません。

長くなってきたので続きはまた次回に・・・

皆さん良い週末をわーい(嬉しい顔)


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

電子カルテ その@

数年前から大手の病院を中心に、電子カルテの導入がさかんとなっています。
その名の通り、カルテをパソコン上の画面に入力し、過去のカルテもパソコン上に呼び出して閲覧できるというものです。
IT時代を反映したものですが、国も補助金を出すなどして、導入の促進を進めています。
医療の電子化は、以前も検査オーダーなどは手書きの伝票ではなく、コンピューター端末を利用してのものを導入しているところも少なくはありませんでしたが、カルテそのもののペーパーレスというのはここ最近急激に普及してきています。

医師の立場で考えると、外来では@カルテの記入A検査のオーダーや結果の説明B薬の処方、が主な診察以外の作業となります。
現在、進んでいるペーパレス化は@〜Bすべてを同じ端末で行うものです。
これにより、電子カルテを開き、検査の結果を呼び出して患者さんに説明し、薬を処方するという一連の作業が効率的に行われます。
この、@〜Bを同じ端末で行うということが重要であり、それが別々に分かれてしまっていると著しく効率が悪くなります。
そのため、中途半端にシステムを導入することは、逆に混乱を招きデメリットになる可能性があります。

現在、富士通やNECなどの大手から中小ベンチャー企業まで、多くの企業がシステムを販売しています。もちろん、ただ売るだけではなく導入するにあたって、医療機関に社員を派遣し、一定軌道にのるまで、指導を行います。
システムの値段は病院規模によって変わりますが、ちょっと言えないような高い値段です。
そのような、高額の投資を行うわけですから、医療機関にとってもどの企業のシステムを採用するかは、非常に重要です。
また高額の投資をしているわけですから、一度導入すると容易にはシステムを変更出来ないわけで、また導入以降もメンテナンスやバージョンアップなど、企業との関係は続きますので、どのシステムを採用するかは、そういう意味でも大事でしょう。
逆に企業にとっても一度導入してしまえば、そう簡単に変えられることはないですし、メンテナンス費用も後々まで入ってくるわけですから、企業にとっての商品価値としても魅力があると思われます。

では、患者の立場、病院(あるいは医師)の立場でのメリット・デメリットはどのようなものでしょう?
そのあたりを次回で・・・

ではまたわーい(嬉しい顔)


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

さくら

こんばんわ
気象庁から桜の開花予想が発表されています。
今年に入ってからの寒さのせいで、例年より少し遅いか例年並のようです。
温暖化のせいで、いろんな暑さ関連の記録が更新されていますが、今年の桜に関しては大丈夫そうですね。

桜と言えば、中学の卒業式の日にちょうど桜が満開で、しかも雨が降ったせいで風に吹かれて見事な桜吹雪だった光景が、今でも心に残っています。きっと卒業という感傷的なことも加わって印象として残っているんだと思いますが、すごく綺麗でした。
満開の桜も綺麗で好きなんですが、それ以来散り際の美しさもなんとも言えず好きですね。{笑顔}

ちなみに、サザンのアルバム「さくら」も大好きでするんるん

ではでは


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

Mac mini

こんばんわ
今日から3月です。やっぱり2月は短くてあっという間だったような気がします

ついにMac miniが発売されたようです。今までのMacパソコンと比べると激烈に安いですよね。MacはApple社の専売なのが影響してか、Windowsのパソコンと比較して高いような気がしていましたが、miniの発売でそういう印象もなくなりそうです。

僕自身はWindowsですが、周りは割りとMac使ってる人が多いですね。
最近はデータの互換性もよくなっているようで、WindowsとMacの垣根も低くなっているようです。操作性はMacの方が感覚で使えるというか、使いやすい気はします。(まあこれは個人差があると思いますが)

最近はiPodで稼いでいるらしいApple社ですが、パソコンのほうでも起死回生の一発となるんでしょうか?
売れ行きが気になります。

Mac miniについてはESCAPE BLOGさんやfridge_magnetさんも書かれています。

あと・・・
インフルエンザの流行状況です。少々タイムラグはありますが、日本列島は真っ赤ですふらふら

ではまたわーい(嬉しい顔)


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。