2005年05月11日

医師がドルミカムを自己注射

うーん?という内容の記事が・・・

29歳の麻酔科女性医師が手術の前後に鎮静・麻酔作用があるドルミカム(一般名:ミタゾラム)を自己注射していたと。

ドルミカムは鎮静・麻酔薬としては一般的な薬で、痙攣を止める目的で使用されることもあります。

逆に言うとそれだけ、意識レベルに作用する薬で、これを注射してから手術の麻酔を担当するというのは、非常に危険です。
すごく眠たくなるはずです。

依存性のある薬で、この医師も何度か繰り返していたようですが、最初に始める動機は何だったんでしょうか?

患者にとってもこの医師にとっても、事故が起こる前に発見されて幸いだったと思います。


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 21:31| Comment(0) | TrackBack(29) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。