2006年06月19日

クロアチア戦感想

昨日のクロアチア戦、結果はドローの勝ち点1でした。

日本とクロアチアの実力を考えると、健闘と言えるでしょう。

前半の立ち上がりは日本ペースで、ここで点数が入ると良かったのですがそうはなりませんでした。
その後のクロアチアの攻めは迫力がありましたが、オーストラリア戦と比べると守備が安定していたのと、川口の好セーブで点を許しませんでした。

加地の加入で攻守共にいい効用が出ていましたが、ずっと言われ続けていた「決定力不足」が今回も出てしまいましたね。
もっと思い切ってシュートを打てば、こぼれ玉で1点もありえたのではと思いますが。
ほとんど見せ場のなかった高原と、決定的なチャンスを逃した柳沢。まあ仕方ないですかね。

次はブラジル戦。
勝てとは言わないですが、FWの得点を見たいです。

ちょっと話はそれますが、昨日のテレビ朝日の馬鹿みたいな盛り上がりと、解説者とは思えない松木氏の「あー」とか「わー」には辟易としました。
素人じゃないんだから・・・。

それではまた。

ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

オーストラリア戦感想

昨夜のサッカーワールドカップ、オーストラリア戦。

非常に厳しい結果。
日本の一次予選突破の可能性は小さくなりました。

前半の中村のゴールはラッキーでしたが、その後、追加点を奪えずではああいう展開になるのは当然といえば当然です。

後半開始早々は、日本の中盤でのプレッシャーが強くなったような気がしましたが、それも暑さのせいか長く続かずでしたね。

結果論ですが、柳沢を下げてワントップにしたのもよくわからない采配です。日本は守りを固めて逃げ切れるチームではないのは、これまでの試合で明らかです。

2点取られて完全に切れてしまった緊張感、必要のない3点目まで献上してしまいました。
逆に集中力の切れなかったオーストラリアを褒めるべきか・・・。

敗因は日本の積極性のなさとジーコ采配の迷走、そして日本の中盤を積極的に(ファウルを使ってでも)潰したオーストラリアのしたたかさでしょう。

なかなか次の試合に期待の持てない状況ですが、せっかくの四年に一度のサッカーの祭典、いいところをクロアチア戦では見たいものです。

ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 18:58| Comment(0) | TrackBack(3) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

いよいよ始まりました!

サッカーワールドカップ、ドイツ大会サッカー

イングランド×パラグアイ戦、アルゼンチン×コートジボワール戦を見ましたが、やはり本気の国際試合はおもしろいですねぇ。

ここまでほぼ順当に強豪国が勝っていますが、注目のアフリカ勢も試合内容では健闘しています。
まだまだ組織的な戦いがうまくありませんが、その辺がクリアされるとこの先やはりどんどん強くなってきそうです。

明日はいよいよ日本がオーストラリアと対戦します。
加地が間に合わないようですが、柳沢は出場できるようです。

緊張して来ましたが、とても楽しみです。

ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 18:48| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。