2006年06月19日

クロアチア戦感想

昨日のクロアチア戦、結果はドローの勝ち点1でした。

日本とクロアチアの実力を考えると、健闘と言えるでしょう。

前半の立ち上がりは日本ペースで、ここで点数が入ると良かったのですがそうはなりませんでした。
その後のクロアチアの攻めは迫力がありましたが、オーストラリア戦と比べると守備が安定していたのと、川口の好セーブで点を許しませんでした。

加地の加入で攻守共にいい効用が出ていましたが、ずっと言われ続けていた「決定力不足」が今回も出てしまいましたね。
もっと思い切ってシュートを打てば、こぼれ玉で1点もありえたのではと思いますが。
ほとんど見せ場のなかった高原と、決定的なチャンスを逃した柳沢。まあ仕方ないですかね。

次はブラジル戦。
勝てとは言わないですが、FWの得点を見たいです。

ちょっと話はそれますが、昨日のテレビ朝日の馬鹿みたいな盛り上がりと、解説者とは思えない松木氏の「あー」とか「わー」には辟易としました。
素人じゃないんだから・・・。

それではまた。

ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19523976

この記事へのトラックバック

?ber paxil
Excerpt: <a href="http://2804.vomopewb.info/">benennende karte verteiler</a> <a href="http://466.vomopewb.info/">art dachwohnungen los angeles</a> <a href="http://2271.vomopewb.info/">arkansas basketballkarten</a> <a href="http://4167.vomopewb.info/">bankrottrecht..</a>
Weblog: ?ber paxil
Tracked: 2006-08-23 22:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。