2005年03月19日

海賊事件で情報錯綜

14日にマラッカ海峡で起きた、日本船に対する拉致事件で、船員の解放情報も一時ありましたが、情報が錯綜していて現時点ではまだ解放は確認されていないようです。

このニュースを始めて聞いたときは海賊という言葉に違和感を感じました。
今の日本ではこの言葉は昔話をするときに出てくる言葉のような気がして。

でも、今回の事件を聞いて、海の上の無法地帯が現在でも存在するんだなと実感しました。

誤報ではなく、本当に一日も早く拉致された乗組員の方が解放されるのを願うばかりです。


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。