2005年03月31日

今年のインフルエンザ

インフルエンザの流行もそろそろ終わりそうです。
気温が高くなり、湿度も上がってきたのと、学校などの教育機関が休みに入っており、子供の間での感染が少なくなるためです。

今シーズンのインフルエンザは2つの理由で、例年とは異なりました。

まず、B型の流行が優勢であったこと、そして本格的な流行が例年より遅い2月から始まったことです。

通常インフルエンザは年末から年始にA型の流行が始まり、その後B型の流行が始まることが多いのですが、今シーズンはA型の流行は比較的小さめで、B型が例年と比較して流行規模が大きかった模様です。

そして、その流行も年末年始はあまり目立たず、2月から本格化しました。
年末の暖かさが影響していたのでしょうか?

そして結果的には過去10年間でも大き目の流行であったようです。


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。