2005年05月19日

スギ・ヒノキの花粉症に続くのは

こんばんわ

今年のスギ花粉の飛散量は例年になく多く、大変な方も多かったのではないかと思います。

スギ花粉症の人が最も多いのですが、アレルギー体質の強い人の中には他の植物の花粉に対してもアレルギー反応を起こして、花粉症を発症をする人もいます。

スギの後のヒノキ花粉は飛散がほぼ終わっていますが、今の季節はイネ科の植物であるカモガヤ・ハルガヤの花粉が飛散しています。
カモガヤはもともと外来種ですが、日本に完全に定着しており道端でも見かけるほど身近に自生しています。
スギが終わったはずなのに症状がすっきりしないという方の中には、これらの花粉症の人もおられると思います。

花粉飛散カレンダーを見ると、冬季を除いてほぼ年中何らかの花粉が飛散しています。
植物はいろんな時期に花を咲かせるので、それは当然と言えば当然です。

問題はなぜこれほどアレルギー体質の人が増えたのか?ということでしょう。

その辺はまた今度・・・


ランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。