2005年06月06日

JR福知山線脱線事故、マンション住民に対する補償

JR福知山線脱線事故で、マンション住民に対する補償としてJR西日本はマンションの購入価格での買い上げを提示しましたが、物別れに終わったとの報道がありました。

住民の方々の苦労や苦痛は、我々の想像を越えるものであるとは思いますが、購入時より価格を上乗せしての買取要求はいかがなものでしょうか?
購入時より不動産価値が下がっているのは当然ですし、その間の地価も下がっているのが現状です。
JR西日本側が購入時価格での買取を提示したのは評価できると思います。

住民の方々が更なる補償を求めるのであれば、マンションの買取価格の引き上げではなく、精神的・身体的苦痛に対する慰謝料と言う形の方が、社会的な納得も得られるのではないでしょうか?
もちろんそれに対しても、JR西日本は誠意を持って対応するべきであると思います。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 15:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

JR事故マンションの補償その3
Excerpt: 昨日、福知山線のJR事故でぶつかったマンションの住民に対してJR西日本からマンション買取案の提示がありました。
Weblog: おうちがほしい。
Tracked: 2005-06-06 22:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。