2005年06月27日

牛肉問題

こんばんわわーい(嬉しい顔)

数日前に2頭目のBSE牛が出たとの米国からのニュース。

その直後から米国畜産・農林関係者の安全・安心発言の嵐。

己の利益のためなら平気でいい加減なことをいう人々にあきれるばかりです。

2頭目が出たのなら、謙虚にそれを受け入れるべきであり、その責任があると思いますが、ニュースが出た瞬間からその逆になるということのおかしさは、子供でもわかりそうなものです。

まあ、米国からすれば日本は今でも植民地感覚なんでしょうが・・・。

しかしあきれました。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 23:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■[米BSE2頭目]安全性を論議し直すべきではないか。
Excerpt: 6月26日付・読売社説 [米BSE2頭目]「輸入再開の議論は粛々と進めよ」  米国内でBSE(牛海綿状脳症)に感染した2頭目の牛が確認された。  しかし、日本が検討中である米国産牛肉の輸入再開問題に..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2005-06-27 23:58

英国:BSE(狂牛病)被害者は本当に150人だけ?盲腸推計3800人と、二次感染防止通知6000人
Excerpt: BSEによる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)について、一部の学者の方々によって喧伝されるのは、「リスクは僅少」という形容をつけた、発病した「死者」の数だけだったりします。しかし私達が注意し..
Weblog: BSE&食と感染症 つぶやきブログ
Tracked: 2005-06-29 16:19

笑えないアメリカンジョーク(BSE問題)
Excerpt: アメリカのジョハンズ農務長官は24日、記者会見し、アメリカで2例目となるBSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認された事を発表した。しかし、『この牛は8歳の高齢牛であり、20ヶ月以下の牛を対象とした日本への..
Weblog: がつんと!
Tracked: 2005-06-29 17:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。