2005年08月08日

郵政法案否決に伴う衆議院解散に思うこと

参議院で郵政法案が否決され、小泉首相が衆議院を解散しました。

法案が否決されることは予想していましたが、実際に解散するかどうかは微妙だと思っていたので、本当にしたんだなというのが正直なところ。

この法案に関しては、衆議院で可決されたのは解散を回避したい議員心理が大きく働いていたと思われるので、そう考えると解散のない参議院で否決されたことで、二院制の意義が示されたとも言えると思います。


ただ、参議院で否決されて衆議院を解散するというのは、やはり疑問符もつきます。


しかし、閉塞感のある最近の状況、特に今後の日本を左右するような事項が山積している現状においては、民意を問うための選挙は意義のあることだと思います。(政治的空白が生じることを差し引いても)
投票率に結びつくかは疑問がありながらも、ある程度国民の感心も高いのではないでしょうか。


そして、小泉首相は反対派を公認しないうえに、対立候補を立てると・・・。

これでは、自民党票が分散し民主党に利するのは間違いないと思います。
ものすごい追い風が小泉自民党に吹けば別ですが、それはさすがに無いでしょう。
この戦い方はかなり党内に亀裂を残し、選挙後にも大きな影響が出そうです。過半数とれなければ、小泉首相は辞職するとのことなので、後のことには無関心ということでしょうか。

まあいずれにしても、面白い選挙になりそうなので、自身も投票した上で結果を注視したいと思います。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5727126

この記事へのトラックバック

衆議薗散の意味
Excerpt:  郵政民営化貌が参議院で否決され、衆議院の解散が決まった。これから熱い選挙戦が始まるが、どんな政其になるだろうか。自民党は割れるのか。民主党に政権が移るのか。様々な可能性が予想できるが、政界が大きく変..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-08-09 01:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。