2005年09月19日

WRCラリー・グレートブリテンで惨事

9月16日から行われていたWRC第12戦で、プジョーののマルコ・マルティンがコースアウト、コ・ドライバーのマイケル・パークが死亡しました。

この事故でラリーはSS15で中止、2位につけていたシトロエンのローブは優勝(ここで優勝すると年間総合優勝が決まる)を辞退し、3番手につけていたスバルのソルベルグが優勝となった。

超人的なスピードで一般道を駆け抜けるWRC。

ドライバーの腕前は神がかり的で、一歩間違えば今回のような惨事になるということは普段は忘れがちですが、彼らはやはり命がけでレースをしているのです。(A.セナのことも思い出しました。)

マイケル・パークのご冥福を心からお祈りします。
posted by mario at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

世界ラリー選手権グレートブリテンでラリー打ち切り。
Excerpt: WRCとF1は本当に大好きなモータースポーツ。WRCはSUBARUや三菱のサイトでいつもSSをこまめに確認している。 2005年FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・グレートブリテンは9月..
Weblog: 俺的ライフスタイル
Tracked: 2005-09-20 06:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。