2006年10月21日

一読の価値ありです

きっこのブログで耐震偽装に関する、元イーホームズ社長、藤田氏のコメントが載せられています。
ほとんどのマスコミが黙殺しているとのことですが、一読の価値ありです。
posted by mario at 23:11| Comment(8) | TrackBack(8) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

日銀、量的金融緩和を解除

長く続いた日本銀行の量的金融緩和政策の解除がついに決定されました。

こういう決定が実現されると、全体としてはかなり景気も良くなってきているのかなという感じがします。

ただ、高額商品と低価格品が両極端に売れている状況をみると、格差社会は現実のものになっていますよね。

次はゼロ金利がいつ解除されるかということが注目です。

個人的には預金に実感できる利息がついて欲しいと思います。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 19:14| Comment(4) | TrackBack(2) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

振り回される株価

ライブドア関連会社による証券取引法違反事件の影響で株価がどんどん下がっています。(ライブドアショックと言うらしいですね。)

そして、東京証券取引所は注文殺到によるシステム障害を防止するために、本日の午後、全銘柄が取引停止となりました。
これは、東証始まって以来のことだそうです。

個人投資家が増えていることが影響しているのでしょうが、これは驚くべきことですね。

僕自身は株はやりませんが、ライブドアの件だけでこれだけの影響が出て、株価が大きく動いてしまうところにも怖さを感じます。

個人投資家はそれだけ風評に動かされやすいということですし、それだけに株価操作は難しくないことなのかもしれませんね。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

第44回衆議院議員選挙結果に思うこと

昨日行われた衆議院選挙。

結果は自民党と公明党を合わせて327議席と解散前の283議席から44議席増やす大躍進となりました。
この議席数は衆議院定数である480議席の実に68%を占めるものになりました。

ご存知のように、衆議院で可決された法案が参議院で否決された場合、衆議院の三分の二以上の賛成で可決するため、次の衆議院選挙が行われるまでの間は衆議院で造反が起きなければ、与党が賛成する法案は全て可決成立することとなります。

ところで今回の選挙結果をみると、比例代表と比較して小選挙区で与党が大きく議席を増やしています。
小選挙区300議席のうち、与党は227議席と75%を占めています。
一方、比例代表ではちょうど与党は100議席でこれは比例代表全議席の55%です。

つまり、今回の選挙における与党大躍進の最大の原動力は、小選挙区制ということが言えそうです。(小選挙区では選挙区内での一人の当選者以外の票は死票となります。)

ちなみに、比例での自民党の全得票数は2588万7798票、公明党の得票数は898万7620票で、合計すると与党で3487万5418票となり、これは比例代表全投票数6781万1069票の51.4%となります。
比例と小選挙区で、有権者が与党と野党の双方にそれぞれねじれて投票した方もおられるかもしれませんが、圧倒的多数は比例と小選挙区で与党・野党それぞれ同じように投票したと考えられますから、有権者の意思に対して与党は「勝ちすぎ」と言えます。

50%を少し越えた得票数で、三分の二以上の議席を与えてしまうこの選挙制度はかなりの危険性をはらんでいるとも言えそうです。

これからの数年間は重要法案の審議が目白押しとなることが予想されていますが、どのような国会運営が行われるか非常に注意してみていく必要があると思います。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 23:07| Comment(2) | TrackBack(5) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

アスベスト被害者に対して早期の公的救済策を

今日の日経新聞の夕刊。

政府がアスベスト(石綿)被害に対して、来年の通常国会で特別立法を行い救済を行う方向との記事が。


公害認定ができればと思うのですが調べてみると、

〜公害健康被害の補償等に関する法律〜

(目的)
第1条 この法律は、事業活動その他の人の活動に伴つて生ずる相当範囲にわたる著しい大気の汚染又は水質の汚濁(水底の底質が悪化することを含む。以下同じ。)の影響による健康被害に係る損害を填補するための補償並びに被害者の福祉に必要な事業及び大気の汚染の影響による健康被害を予防するために必要な事業を行うことにより、健康被害に係る被害者等の迅速かつ公正な保護及び健康の確保を図ることを目的とする。

とあり、この相当範囲というくだりに合致しないとの見解です。

この法律による補償範囲は


第3条 第1条に規定する健康被害に対する補償のため支給されるこの法律による給付(以下「補償給付」という。)は、次のとおりとする。
1.療養の給付及び療養費
2.障害補償費
3.遺族補償費
4.遺族補償一時金
5.児童補償手当
6.療養手当
7.葬祭料

となっています。

特別立法に含まれる対象範囲と、補償の範囲がどこまでとなるかが非常に重要です。
個人的には上記の範囲全て含まれて欲しいと思います。

また、どれだけ早くそれが実現するかも非常に重要です。
たくさんの方々が補償もなく苦しんでいるわけですから。
来年度国会より早くする方法はないのでしょうか?

今後どのような議論になっていくのか、見守っていきたいと思います。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

ホリエモン出馬はいかがなものか?

9月11日投票の衆議院選挙。

数日前から取りざたされていますが、ライブドアの堀江社長が自民党から出馬の意向と。

立候補するしないは個人の自由でしょうが、今までまったくそういった趣旨の発言をしてこなかった経緯を思うと、どうしても自身や会社の知名度アップ目当てか?と考えてしまいます。(まあこれは他のタレント候補と言われる方々とも少しにているかもしれませんが・・・)

彼と自民党の利害が一致したということでしょうか?

しかし、落選すればプロ野球球団の買収、フジテレビの買収から続けて3連敗となってしまいますね。

社員の忠誠度が下がらないか少し心配です。(^_^;)

ではまた。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 20:46| Comment(0) | TrackBack(4) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

郵政法案否決に伴う衆議院解散に思うこと

参議院で郵政法案が否決され、小泉首相が衆議院を解散しました。

法案が否決されることは予想していましたが、実際に解散するかどうかは微妙だと思っていたので、本当にしたんだなというのが正直なところ。

この法案に関しては、衆議院で可決されたのは解散を回避したい議員心理が大きく働いていたと思われるので、そう考えると解散のない参議院で否決されたことで、二院制の意義が示されたとも言えると思います。


ただ、参議院で否決されて衆議院を解散するというのは、やはり疑問符もつきます。


しかし、閉塞感のある最近の状況、特に今後の日本を左右するような事項が山積している現状においては、民意を問うための選挙は意義のあることだと思います。(政治的空白が生じることを差し引いても)
投票率に結びつくかは疑問がありながらも、ある程度国民の感心も高いのではないでしょうか。


そして、小泉首相は反対派を公認しないうえに、対立候補を立てると・・・。

これでは、自民党票が分散し民主党に利するのは間違いないと思います。
ものすごい追い風が小泉自民党に吹けば別ですが、それはさすがに無いでしょう。
この戦い方はかなり党内に亀裂を残し、選挙後にも大きな影響が出そうです。過半数とれなければ、小泉首相は辞職するとのことなので、後のことには無関心ということでしょうか。

まあいずれにしても、面白い選挙になりそうなので、自身も投票した上で結果を注視したいと思います。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

牛肉問題

こんばんわわーい(嬉しい顔)

数日前に2頭目のBSE牛が出たとの米国からのニュース。

その直後から米国畜産・農林関係者の安全・安心発言の嵐。

己の利益のためなら平気でいい加減なことをいう人々にあきれるばかりです。

2頭目が出たのなら、謙虚にそれを受け入れるべきであり、その責任があると思いますが、ニュースが出た瞬間からその逆になるということのおかしさは、子供でもわかりそうなものです。

まあ、米国からすれば日本は今でも植民地感覚なんでしょうが・・・。

しかしあきれました。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 23:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

例のクレジットカード情報の流出事件で・・・

クレジットカードはア○ラスのを1枚持っているだけなんですが、今日カード会社から連絡があり、情報流出の怖れがあるとのことで番号を変えての再発行となるとのこと。

不審な支払いは無いとのことで、幸い被害は被らなかったようですが、まさか自分のカードが・・・という感じでした。

2・3毎月引き落としのカード払いがあるので、新しいカードが来たらそれぞれ連絡を入れないといけないので、ちょっと面倒です。

現金も偽札問題がありますが、やっぱりカードという実際のお金のやり取りの無いツールは危ういですね。

ちょっといやーな感じの一日でした。

ではまた


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 21:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

JR福知山線脱線事故、マンション住民に対する補償

JR福知山線脱線事故で、マンション住民に対する補償としてJR西日本はマンションの購入価格での買い上げを提示しましたが、物別れに終わったとの報道がありました。

住民の方々の苦労や苦痛は、我々の想像を越えるものであるとは思いますが、購入時より価格を上乗せしての買取要求はいかがなものでしょうか?
購入時より不動産価値が下がっているのは当然ですし、その間の地価も下がっているのが現状です。
JR西日本側が購入時価格での買取を提示したのは評価できると思います。

住民の方々が更なる補償を求めるのであれば、マンションの買取価格の引き上げではなく、精神的・身体的苦痛に対する慰謝料と言う形の方が、社会的な納得も得られるのではないでしょうか?
もちろんそれに対しても、JR西日本は誠意を持って対応するべきであると思います。


ランキングに参加中です。是非クリックをお願いします。m(__)m
posted by mario at 15:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

JR福知山線脱線事故

先月の25日に起きた、福知山線の脱線事故。
僕が住む、大阪からごく近い場所での事故であり、衝撃も大きかったのですが、それだけになかなか触れることが出来ず、特に救出作業が続いていた中ではとても書けない気持ちでした。

救出作業は終わり、警察や国土交通省の事故調査委員会による調査が続いています。
この間、僕自身が思ったことを書きたいと思います。


今なされないといけないことは何か?

重要なのは、遺族・被害者の方へのあらゆる面でのサポート。そして、事故の繰り返しを少しでも防ぐための、事故の原因究明とそこから得られる防止のための措置ではないかと思います。

遺族・被害者の方へのサポート。

JR西日本の職員が、遺族の方へ謝罪を行う様子が報道されていましたが、もちろんそれは必要なことであると思います。
謝られて許せるはずはありませんが、目に見える形であれ見えない形であれ、出来ることを少しでも早く行うことが重要です。
そして、職員も遺族・被害者の方の悲しみを想像するのではなく、直視することが今後への力というか、事故再発防止のための動機付けになるのではと思います。
現場を見なければいけない。

事故の原因究明。

警察と事故調査委員会が現場検証・調査を行っています。
警察はその性格上、事故の「直接原因」を究明する事に重点がおかれ、基本的には再発防止という観念はありません。
そのため、事故調査委員会がどのような報告書を出し、今後にどのような提言を行うかが重要でしょう。

列車は運転士が操縦している以上、「置き石」などの外的要因や線路・車両の問題などがなければ、運転士が「直接原因」である可能性が極めて高いと思われます。
もちろんそれは重要なことですが、多くの事故は複合的な要因で起こっています。

なぜ列車のスピードが超過していたのか?(急いでいた原因は何か?)
なぜ、前の駅でオーバーランしていたのか?(運転士がただ単にうっかりしていただけか、あるいは時間が遅れていたために焦っていたのか?)
なぜ、オーバーランの距離を短く報告したのか?(ミスを隠蔽しようとしたのはなぜか?)
なぜ、前駅での停車時間が15秒だったのか?(ラッシュ時間帯に15秒で安全な乗降ができるのか?そもそも15秒と短い原因は何か?)

仮に、5個のミスが重なったときに始めて事故が起こるのであれば、逆にそのうちの1つでも防げれば事故にはならないわけです。

直接運転していた運転士に事故の責任を見出すのは容易ですが、原因はそれだけではないでしょうし、それを指摘するだけでは今後の事故防止にはつながらないでしょう。

医療事故でも言えることですが、最終的な行為者の責任だけが問われることが多すぎます。
もちろん、行為者の責任は重いですしそのことは否定しませんが、システムとしてのセーフティ・ネットを何重にも整備することが重要であり、それがなく現場にばかりしわ寄せがいく状態では、運転士や医師・看護師などいわゆる「命に関わる仕事」に携わろうとする人は少なくなってしまうような気がします。


最後にマスコミに対して・・・

評論家を出してきて、簡単に事故の原因を断定する。
遺体安置所の出入り口に待機して、遺族に片っ端から取材する。
何様のつもりか、記者会見会場で偉そうな口をたたく。(カメラは凶器ですね)

今まさに時間をかけて事故究明を行っているのに、数人の評論家の話で事故を断定するその神経を疑う。
遺族も取材に応じて気持ちを吐露される方もおられるが、二重に傷ついた方や取材を嫌がった方もおられたはず。そういうことはまったく報道しない。

マスコミ全てを否定は出来ませんが、あまりにも弊害が多いのではと感じました。


まとまりの無い文章になってしまいましたが・・・
ではまた。


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 11:55| Comment(3) | TrackBack(17) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

反日デモに思うこと

ここ最近、マスコミでも話題の反日デモ。
皆さんどう思われますか?

中国では今週末からは無許可のデモは禁止とのことですが、落ち着くのでしょうか。

中国といえば、天安門事件でデモを力で制圧し多くの犠牲者を出した過去があり、その気になれば、この程度のデモは制圧できるでしょうから、これまでは野放しにしていたのは間違いないでしょう。

他国の内政を干渉するのはどうかと思うので、中国で起きるデモ自体は自由でしょうが、それが中国にいる日本人の安全を脅かすなら話は別です。
日本政府が言うように、日本人の安全を確保する責任は中国政府にあると思います。


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 21:32| Comment(2) | TrackBack(6) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

いよいよ

愛知万博が始まりましたね〜

1970年の大阪万博のときはまだ産まれてませんでした。
1990年の花博は行ったけどあんまり記憶に残ってない感じです。
愛知万博も行きたいですが、ゆっくり見ようと思ったら泊りがけになりそうなんでちょっと構えてしまいますね(^_^;)


そしていよいよ今夜はサッカーワールドカップ予選のイラン戦です。
厳しい戦いになりそうですが楽しみですわーい(嬉しい顔)

ではでは


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

海賊事件で情報錯綜

14日にマラッカ海峡で起きた、日本船に対する拉致事件で、船員の解放情報も一時ありましたが、情報が錯綜していて現時点ではまだ解放は確認されていないようです。

このニュースを始めて聞いたときは海賊という言葉に違和感を感じました。
今の日本ではこの言葉は昔話をするときに出てくる言葉のような気がして。

でも、今回の事件を聞いて、海の上の無法地帯が現在でも存在するんだなと実感しました。

誤報ではなく、本当に一日も早く拉致された乗組員の方が解放されるのを願うばかりです。


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

自動車大手満額回答で思うこと

春の賃金交渉(春闘)での大手各社の回答が出ました。

自動車は大手5社(見出しでは3社となっていますが実際は5社です)は満額回答で、一時金(ボーナス)もびっくりするような額ですね。
でも、先年度位から大企業は過去最高の収益をあげるところが続出でしたので、当然といえば当然だし、ちゃんと社員に報酬で報いるべきだと思います。

ただ、各社ともベースアップは要求しないところがほとんどのようで、一時金の増額で経営者側も対応しており、当然収益が悪くなれば一時金も減らされるので、そういう意味では楽観は出来ないなと思います。
もちろんそれが、経営者側の狙いでしょうが。

そして、医療業界も厳しいですが、景気回復をまだまだ実感できない人が多いのも事実でしょうね。

この話題に関しては、にこらすさん帰って来た、私生道さん北の水辺からさんも書かれています。

ではでは


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

振り込め詐欺 あっと ナンバーズ4

相変わらずマスコミを賑わせる詐欺事件ですが、ナンバーズに関してもこのような手口で現金を振り込ませる詐欺が横行しているようです。今回の手口は、身内の不幸などを利用した切迫感はありませんので、実際に騙される人は少なそうですが、本当にいろいろと新しい手口を考え付くものですね。
まあでも騙すほうはそれを職業としているわけだから、ある意味真剣勝負だし、うまくいけば模倣する人物もいてどんどん拡がるんでしょうね。

海外でも振り込め詐欺があるのかと調べてみました。すると・・・、海外旅行者の留守宅、海外滞在者の留守宅、つまり日本人を相手にした記事は見つかりました。うーん、やっぱり日本人相手ですか。
まあでも、フィッシング詐欺は海外発みたいですし、詐欺は万国共通でしょうね。
海外旅行に行ったときの他国人向けの、お土産屋さんなんてまさにそうですしね。

しかし、やっぱり日本人は人がよいというか、信じやすいというか、警戒心が弱い人が多い気がします。振り込め詐欺の被害額なんて、呆然とする金額です。
人を信じるのは悪いことではありませんが、見ず知らずの人のいうことは鵜呑みにするのはどうかと思いますし、詐欺一般のことで言えば「うまい話は向こうからはやってこない」ということを、常に考えるべきだと思います。
そして、騙される人は何度も騙されるという事実は・・・何らかの依存心なんでしょうか?


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

休みなので

昼前に起きて、テレビを見ておりました。
相変わらずライブドアvsフジの話題がさかんで、堀江社長も生出演大忙しですね。
個人的には、堀江社長は嫌いじゃないし、法的にも問題ないわけだからああいうことをするのは悪くないとは思います。
僕は彼と同じ位の歳ですが、フジテレビの会長や政治家の方々からすれば、中学生くらいの子供がいろいろ生意気なことをしているような感覚だから、まあむかつくのはむかつくんでしょうね。
でも、彼もリスクを負っているわけだから一方的には責められないでしょう。
この先どうなるか目が離せません。

ではまた


ランキングに参加中です。よろしければクリックを。
posted by mario at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。